Add your custom tagline here.

クレジットカードの発行は高校生を除く18歳以上から受けることができます。

ただ、18歳といえば、現在は選挙権もあるとはいえ未成年であることに変わりありません。

そこで気になるのが、未成年者でもクレジットカード現金化を利用できるのかという点です。

まず、未成年者がクレジットカードの発行を受ける場合、親などの親権を行う者の同意が必要になります。

その理由は、民法で未成年者は単独で法律行為を行えないこと、同意を得ないで行った法律行為は取り消せることになっているためです。

簡単にいえば、親の同意を確認しないでクレジットカードを発行した場合、クレジットカード会社はさんざん利用された後で取り消されるリスクを抱えることになります。

この場合、利用者側は現に残っている利益だけをクレジットカード会社に返せば良いので、遊びで使ってしまったものについて返還する義務がありません。

そのようなことになれば、クレジットカード会社としては大損害です。

従って、未成年者にクレジットカードを発行する際は親権者の同意を求めるのです。

つまり、未成年者であっても正規のクレジットカードを持っているということは、親が使っても良いと許していることになります。

その前提から考えた場合、ショッピング枠を利用するクレジットカード現金化も利用できそうに思えます。

しかし、実際には未成年者によるクレジットカード現金化は無理です。

まず、カード決済で売ったものを買取る形のクレジットカード現金化の場合は、古物営業法や各地の条例との兼ね合いがでてきます。

つまり、相手方の年齢確認と親権者の同意確認です。

一般に、未成年者が買取形式でクレジットカード現金化の利用を考えるとき、親権者が同意しているとは考えにくいものです。

次に、キャッシュバック方式など買取ではない形式のクレジットカード現金化はどうでしょうか。

こちらには、買取形式のような手順こそありませんが、結論は同じです。

どのような形式であれ、クレジットカード現金化は法律行為です。

そして、カード利用は認めても現金化を認める親はいないでしょう。

前述の民法の規定に照らせば、クレジットカード現金化業者としても、親権者の同意を得ない未成年者と取引すると小さくないリスクを負います。

以上のことから、未成年者が利用できるクレジットカード現金化を見つけることは困難だといえます。

ページ内コンテンツ

全国対応

北海道地方 北海道
東北地方 青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県
関東地方 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
中部地方 山梨県、長野県、新潟県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、岐阜県
近畿地方 三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
中国地方 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国地方 香川県、愛媛県、徳島県、高知県
九州、沖縄地方 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

サイトマップ